2005 F1 開幕

 土曜日の予選1回目から録画して今日の朝に見て、お昼(13:00)からの決勝も録画しながら見ました。
 いやぁ〜荒れましたね…。でも、レース展開はこれといって面白いことは無かったような気がします。バトルがあちこちで見れるかな?と思っていたのですが、期待はずれに終わったようです。
 予選1回目で雨が降り、琢磨がスピンしてノータイムに終わり、ライコネンがスタートでエンジンストールしピットスタートになり…。で、レースはルノーが速くフィジケラが優勝、アロンソが3位。2位にはフェラーリのバリチェロが順当に追い上げて入る…。意外だったのは、4位にクルサードが入ったこと(クルサードファンの皆様、ごめんなさい)。彼は引退すべきだとか言われていたのにも関わらず、レッドブル(旧ジャガー)に移籍。そして、初戦で4位。今頃彼は、『誰だ?引退した方が良いって言っていたのは?俺はまだ走れるんだ!』と、叫んでいるかな?TOYOTAはトゥルーリが予選2番手だったけど、中盤から後半にかけて失速。TOYOTAはリヤタイヤに負担をかける車らしく、それがまだ解消していない模様。
 マシンで面白いなぁ〜と思ったのが、マクラーレンの触覚みたいなミドルウィングと、TOYOTAのサイドポッド前にあるミドルウィング?かな。後はあまり面白そうなものは無かったなぁ〜。ルノーがちょっと挑戦的な感じだけど、他のチームがどちらかと言うと保守的路線になっているんでつまらないですね。まぁ、去年は挑戦し過ぎて失敗したチームが多かったから当たり前か…。
 あ、そうそう、今年から1レース1セットのタイヤで走りきらなければならなくなった(つまり、ピットでのタイヤ交換は原則なし。)のですが、ピットクルーの数は変わってないのですよ!で、昨シーズンまでタイヤ交換担当だった人は何をしているかと言うと、タイヤの様子を眺めているんですよね。きっと、ブリスターが出来てないか?とかを見ていると思います。チームによっては、内圧を調整してたりもしているみたいですけどね…。温度センサーみたいなの持っていたチームも居たな…。レースよか、そんな細かいところで面白さがあったような気がする。
 開幕しましたね。次戦はどうなるのかちょっと楽しみ!サバイバルレースになる予感…。

コメント

*




Copyright©2000-2019 KIYOS LOG.All Rights Reserved.