ゴミ箱を空に出来ない

 NASにデータコピーをし終わったので、USB接続HDD内のデータを消去しようと該当ファイルをゴミ箱に入れたのだが、”確実にゴミ箱を空にする”を実行しても、エラーが出てゴミ箱が空に出来ない状況に陥った。

 ちなみに、オラの環境は…
iMac (21.5-inch, Late 2009) OSX(10.6.8)
USB接続HDD:I•O DATE HDC-EU 1.0
…です。

 ネットで検索してみると、以下のトラブルシューティングが出て来たので試す。
ディスクユーティリティで
1.「ディスクを検証」異常が無ければ次へ
2.「アクセス権を修復」(Mac OS X 10.5:ディスクユーティリティのアクセス権の修復で無視しても構わないメッセージが表示される)
3.セーフブートして下さい。(起動時、画面点灯後、shift キー押しっぱなし)
 これでも解決出来ず。そして次の方法を試す。
ゴミ箱を空にできない
ユーティリティ内のターミナルを起動し、
cd /Users/ユーザー名/.Trash/
ls ファイル名
sudo rm -rf ファイル名
 ただし、これには注意が必要で…
!!!重要!!!
 ターミナルでのルート権限によるファイルの強制削除は、誤って用いるとシステムを瞬時に破壊することも可能です。
 上記のコマンドは、一字一句間違えずに正確に入力してください(スペースも含めて正確に)。またコマンドは全て半角で入力してください。
少しでも不安があるなら、手を出さないほうが安全です。
 でだいたいのファイルは削除出来たのだが、肝心のHDDのファイルが削除出来ない…(>_<)。

 んで、一服しながら考えた。ひょっとして、HDDのゴミ箱に移動しなければならないのか?と思い、実行してみた。
cd /Volumes/HDDの名前/.Trashes/501/
sudo rm -rf ファイル名
 で無事に削除出来ました♪

ジョブズ氏、死去

 いまさらですが、さる10/5にスティーブ・ジョブズ氏が膵臓がんの為、亡くなりました。

 スティーブ・ジョブズ氏については、他のサイトで詳しい説明があるので省きますが、元アップル社CEOでこの人が居なかったら、僕がここまでMacに傾くことはなかったと思います。
 なぜなら、初代iMacが無ければ初代iBookもなかった訳で、iPhoneもこの世に出る事もなかったと思います。

 ご冥福をお祈りします。

ロックされたファイルを削除する方法

 自分用にφ(.. )。あ、ちなみに、Mac OSXの話ね♪
引用元ページ
ゴミ箱を空にできない、またはファイルをゴミ箱に移動できない
ロックされたファイルを削除する方法
「shift」キーと「option」キーを同時に押しながらゴミ箱を空にすると、ロックされているファイルを簡単に削除することができます (Mac OS X 10.1 およびそれ以降)。Mac OS X バージョン 10.0 から 10.0.4 では、「情報を見る」を使って「ロック」チェックボックスの選択を外します。
これでも項目を削除できない場合は、Mac OS X インストールディスクからコンピュータを起動し、最初の画面の「Installer」メニューから「ディスクユーティリティ」を選択します。ディスクユーティリティを使ってディスクを検証し、必要であれば ディスクを修復 します。
ファイルのロックを解除できない場合、そのファイルをロック解除するアクセス権がないかもしれません。書き込みアクセス権を入手する方法については、この記事 を参照してください。
問題が解決しない場合は、ディスクユーティリティのアクセス権修復機能を使用して、Mac OS X ボリュームを確認してください。Mac OS X 10.1.5 のみは、Repair Privileges Utility 1.1 をダウンロードしてインストールしてください。
上級テクニック:ロックされたファイルを削除する
ゴミ箱に複数のロックされたファイルがある場合は、コマンドラインで一度にすべてのファイルのロックを外すことができます。以下の手順に従ってください。


  1. ターミナルを開きます。「/アプリケーション/ユーティリティ」にあります。
    次のように入力します:chflags -R nouchg
    注意:上記の行で nouchg の後ろにスペースをひとつ (表示されません) 入力してください。行の最後は "nouchg " のようになります。ここではまだリターンキーを入力しないでください。

  2. Dock のゴミ箱アイコンをダブルクリックして、ゴミ箱の中を表示します。必要に応じて Finder ウインドウの位置をずらして、「ターミナル」ウインドウが見えるようにします。
  3. 「command」+「A」キーの組み合わせを使って、ゴミ箱内のすべてのファイルを選択します。

  4. ファイルをゴミ箱から「ターミナル」ウインドウへ移動します。
    注意:この操作により、各ファイルのパスネームが自動的に入力されます。これにより、特に複数のディスクやボリュームが存在する場合に、複数のゴミ箱ディレクトリを個別に空にする作業が必要なくなります。

  5. 「return」キーを押します。コマンドが成功したことを示す、特別なメッセージは表示されません。

  6. ゴミ箱を空にします。

ゴミ箱が空にならなかったり、「ターミナル」ウインドウに “usage: chflags [-R [-H | -L | -P]] flags file…” というメッセージが表示された場合は、手順 2 で指示通りに入力していなかったり、スペースを入力していなかった可能性があります。この問題が起きた場合は、上記の手順を繰り返してください。

EPSON カラリオ用無線LANアダプター、キター!

 先日、Amazonで大安売り状態だったのでポチッとな!しちゃったEPSON カラリオ用無線LANアダプタ PA-TCU1が、本日着弾!
 早速EPSON EP-801Aに接続して設定をして、設置。これで、無線LAN経由で複合機を利用する事が可能。ただし、Mac OS Xだと接続した複合機のメモリーカードスロットを共有する事は出来ないらしい。ま、困ることはないと思うけど…。

MacのTwitterクライアント

 Twitterをデスクトップで手軽に閲覧・投稿が出来たら良いなと思い、Twitterクライアントを探して試してみた。

 探すにあたって参考にしたサイト
Twitterクライアント

 さて、まずうちの環境は、iMac (21.5-inch, Late 2009)でOSはMac OS X 10.6.5である。
 そして、DLしたのが以下の通り

 そして、試して見るが…

TweetDeck

 TweetDeckは、日本語が表示されません。設定で左のラジオボックスにチェックを入れれば日本語表示になるといろんなサイトで書いてありますが、日本語表示出来ません(>_<)。

夏ライオン

 夏ライオンは、Basic認証終了につき使用不可能で…。そんな事知らずにDLしちゃいましたよ(爆)。

Echofon

 広告が入るが、起動中はiPhoneへのプッシュ通知を行わない等の設定が出来る。iTunesの曲情報の投稿可能。文字サイズ10pt~20pt。

Itsy

 コンパクト。ただ、コンパクト過ぎて、文字が小さい…。

Tweetie

 UIがかっこいい♪複数アカウント管理可能らしいが、複数アカウント持ってないんでその辺りは、よくわからん。文字サイズ10pt~14pt。

Twitama

 UIがちょっとイマイチ…。文字サイズ8px~24px。

夜ふくろう

 UIは普通。iTunesの曲情報の投稿可能。文字サイズは…変更出来るのか?

 てな感じで今の所、Echofon、Tweetie、夜ふくろうが候補になってます。果たして、最終的にはどれを使おうかな?

部屋の模様替え中〜♪

 実は、部屋の模様替えをしている真っ最中だったりします(笑)。

 先日、ワークデスク ルフィオ 140幅 下棚付 83982 <34940>ワークデスク ルフィオ 100幅 下棚付 83980 <34938>を購入し、家に届いていたのだが、組み立てるチャンスがなかった。
 そして昨日は、久しぶりに予定がない休日だったので、部屋の模様替えの1つとして、組み立てることにした。

 とはいえ、まだワークデスク ルフィオ 140幅 下棚付 83982 <34940>だけ。

101121_moyou_1
ワークデスク ルフィオ 140幅 下棚付 83982 <34940>を組み立てた直後。

 すでにUPS【APC RS 550電源バックアップ(500VA) BR550G-JP】が載っていますが…(笑)。

101121_moyou_2
iMac (21.5-inch, Late 2009) & 周辺機器をセットした所。

 まだワークデスク ルフィオ 140幅 下棚付 83982 <34940>しか組み立てて使用していませんが、若干剛性が低い感じがします。
 ちょっと、どっしり感が少ないですね。
 とはいえ、机としては充分ではなかろうかと…。

 さて、日曜日にはすべてを終わらせるぞ〜!


MacBook (13-inch, Mid 2010)、キター!

 先日、ポチッとな!したMacBook (13-inch, Mid 2010)が、本日到着。

 といっても、オラのではなくこだっちのです。
 でも、代金をオラが払ったままなので、まだオラのか(笑)?

 こだっちのFMVが限界に近いので、買い替え。

100719_macbook1_01
  • Aperture: ƒ/5.6
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 12:59
  • Flash fired: no
  • Focal length: 30.63mm
  • ISO: 100
  • Shutter speed: 1/6s

これはついでにポチッ!た『宛名職人 Ver.16』.

100719_macbook_01
  • Aperture: ƒ/5.6
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:04
  • Flash fired: no
  • Focal length: 26.25mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/15s

外箱。って…こんなに小さいの?

100719_macbook1_02
  • Aperture: ƒ/5.6
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:01
  • Flash fired: no
  • Focal length: 24.38mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/3s

ちなみに、一番右側の梱包材が四隅にあるのみでした。

100719_macbook_02
  • Aperture: ƒ/5.6
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:05
  • Flash fired: no
  • Focal length: 28.13mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/15s

さて、外箱を開けてみた。

100719_macbook1_03
  • Aperture: ƒ/5.6
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:03
  • Flash fired: no
  • Focal length: 28.13mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/15s

本体をどかすと、各種ドキュメントと電源アダプターが入っておりました。

100719_macbook_03
  • Aperture: ƒ/6.7
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:06
  • Flash fired: no
  • Focal length: 40mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/8s

本体。薄いです…。

100719_macbook1_04
  • Aperture: ƒ/5.6
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:05
  • Flash fired: no
  • Focal length: 28.13mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/15s

各種ドキュメント。

100719_macbook_04
  • Aperture: ƒ/5.6
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:13
  • Flash fired: no
  • Focal length: 30.63mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/20s

電源アダプター等。ちなみに上は延長コードで、下はMagSafe電源アダプター。

100719_macbook1_05
  • Aperture: ƒ/5.6
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:13
  • Flash fired: no
  • Focal length: 30.63mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/20s

さて、本体を開けてみます。キーボード面を保護するシートがありました(笑)。

100719_macbook_05
  • Aperture: ƒ/5.6
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:14
  • Flash fired: no
  • Focal length: 28.13mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/30s

保護シートを取り外して、さてご対面。

100719_macbook1_06
  • Aperture: ƒ/6.7
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:14
  • Flash fired: no
  • Focal length: 37.5mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/60s

起動します。

100719_macbook_06
  • Aperture: ƒ/6.7
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:14
  • Flash fired: no
  • Focal length: 37.5mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/60s

はじめて起動した時に流れる、ようこそ!ムービー!(勝手に命名(笑))。

100719_macbook1_07
  • Aperture: ƒ/6.7
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:31
  • Flash fired: no
  • Focal length: 37.5mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/45s

一応、管理者はオラなので、iMacから設定等を転送中。

100719_macbook_07
  • Aperture: ƒ/6.7
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:17
  • Flash fired: no
  • Focal length: 40mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/3s

残り2時間45分って…という訳でこの間に、エルグランドを洗車。

 ちなみに、WiFi経由で同期したんで、遅かったんだと思います。
 ギガビットイーサケーブルを使えば、もっと速かったはず…。

100719_macbook1_08
  • Aperture: ƒ/8
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:42
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/45s

まだ転送中なので、各種ポートがある所を撮影してみた。

100719_macbook_08
  • Aperture: ƒ/6.7
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:31
  • Flash fired: no
  • Focal length: 37.5mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/45s

MagSafe電源アダプタとマイク部。充電中は赤っぽいLEDが光る。
 肉眼だとオレンジに近かった様な気がするが…。

100719_macbook1_09
  • Aperture: ƒ/8
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:42
  • Flash fired: no
  • Focal length: 55mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/60s

ディスプレイ上部にある、カメラとカメラ使用中のインジケーター。

100719_macbook_09
  • Aperture: ƒ/8
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:36
  • Flash fired: no
  • Focal length: 55mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/20s

パワーボタン。

100719_macbook1_10
  • Aperture: ƒ/6.7
  • Camera: PENTAX K-m
  • Taken: 2010-07-19 13:42
  • Flash fired: no
  • Focal length: 37.5mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/45s

マルチタッチトラックパッド。

 というわけで、各種設定をしていたのだが、メールアカウントの設定項目を書いてある書面が無くなっていたので、途中で挫折。メールデータはコピー出来たのだが、アカウント設定がコピー出来ない。

 Win Outlook ExpressからMac Mailへのメールデータ移動の手順はこう。
1 FMVにメーラーのThunderbirdをインストール。
2 Thunderbirdを起動。Outlook Expressのメールデーターをインポート。
3 Thunderbirdのメールデータが入っている「Profile」フォルダをUSBメモリ等を使ってMacに移動。
  “%APPDATA%Thunderbird”
  Application DataThunderbird
4 Mailを起動し、メールボックスを読み込む。
5 以上!

 なのだが、アカウントまでは、インポート出来なかったみたい。
 サンダーバードを常用するなら、そのままいけたのかもしれないが、とりあえずMailを常用させようと思うので、アカウント設定の用紙を送ってもらうように連絡することにした。

 というか、こだっちにはオーバースペックなのかもしれない(笑)。

■スペック(CTO内容)
  • 2.4GHz Intel Core 2 Duo
  • 4GB 1066MHz DDR3 SDRAM - 2x2GB
  • 500GB Serial ATA Drive
  • SD8x DVD+/-R DL/DVD+/-RW/CD-RW
  • JIS KYBD/User’s Guide-JPN
  • Country Kit-JPN


続々・起動不能

 先ほど、Appleケアサポートに電話してみた。

 症状を伝え、トラブルシューティングの内容を伝えた所、恐らくマザーボードの故障であろうとの事。

 ところが、Power Mac G5のサポート期間が終了していて、パーツの供給が止まっているらしい。つまり、修理不能…。

修理不能!!!!!!!!!!!!
|ヽ(〜〜。) オチコミー


 買い換えかぁ〜。Power Mac G5、お気に入りだったのになぁ…。

内蔵HDD増設

 I-O DATA SATAII7200rpm3.5インチ内蔵HDD HDI-SA500H7をPM G5に増設。
 んでも、起動ディスクにするかは未定。以前に増設したHDDにシステムをコピーした所、半年位でクラッシュしたという苦い思い出があるので、様子見する事にする。
 外付けUSB2.0 HDD(1TB)もある事だし、そんなに焦らなくても良いかなぁ〜。

Mailの不具合とその対策

 ここんところ、Mailが立ち上がってもすぐに落ちてしまう現象に悩まされていたのだが、いろいろ対策を講じているうちに恐らくこれがビンゴだと思う対処法があったので、メモ。
Mac OS X v10.5, v10.6:「SyncServices」フォルダをリセットする
 このページに詳しいのだが、オラの環境はOS X 10.5なので、一部抜粋。
Mac OS X v10.5 Leopard の場合
  1. iSync を開きます。
  2. iSync」メニューから「環境設定」を選択します。
  3. 「同期の履歴をリセット」をクリックします。
問題が解決しない場合、または iSync を開くことができない場合は、以下の手順を実行してください。
  1. Finder の「移動」メニューから「ユーティリティ」を選択します。
  2. ターミナルを開きます。
  3. 次のコマンドを開いた「ターミナル」ウインドウに 1 行で入力するか、または貼り付けます。
/System/Library/Frameworks/SyncServices.framework/Versions/A/Resources/resetsync.pl full
  1. 「return」キーを押します。
  2. 処理が終了したら、ターミナルを閉じます。
 この解決法を試した所、とりあえず落ちてません。今後の様子を見てみようかと思います。
 このページにも書いてあるのだが、リセット後に一部の「同期」関連の設定を再度有効にする必要があるそうです。
【追記】
 同期の設定を見直した後、Mailを立ち上げたら、また落ちました…(T_T)。どうやら、同期の環境設定を登録中に不具合がある模様…。
 すぐに上記を試したら、落ちなくなりましたがまた同期の設定を見直したら、落ちるんだろうなぁ。
【またまた追記】
 ネットで検索してみましたが、これといった対処法が見つからないので、Time Machineで調子の良かった頃のユーザー/Library/Mailフォルダーを復元しちゃいました。あ、Envelope Indexファイル各種アカウント関係のフォルダメールボックスのフォルダだけは別にバックアップしておいて、復元後に置き換えちゃえば最近読んだメールも復帰です。
 とりあえず、これで様子を見ようっと。
Copyright©2000-2022 KIYOS LOG.All Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。