KETTLEBELLKON(ケトルベル魂)ソフトプライオメトリックスボックス(ジャンプボックス)3 in 1、キター!

 μが家でボックスジャンプをやりたいというので、購入してみた。

ソフトプライオメトリックスボックス/40cm

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-30 6:55
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/15s

40cm
ソフトプライオメトリックスボックス/50cm

ソフトプライオメトリックスボックス/50cm

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-30 6:55
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 100
  • Shutter speed: 1/15s

50cm
ソフトプライオメトリックスボックス/60cm

ソフトプライオメトリックスボックス/60cm

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-30 6:56
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 100
  • Shutter speed: 1/15s

60cm

 5/26に到着したのだが、試しにμが飛び乗ったところ、60cmを余裕で乗ってた(笑)。
 というか、もっと高さがある方にすればよかったかな?

続きを読む

ホーンが鳴らない原因調査

 いつからかわからないのだが、エルグランドのホーンが鳴らないことに気がついた。

 さて何が原因でならないのかを突き止めないと、いろいろ無駄な出費となるので自分でできる範囲で原因を考えてみる。

ホーンが鳴らない原因調査

ホーンが鳴る仕組み

 順番的には以下の様になるかと…

  1. ステアリングのホーンボタンを押す
  2. ホーンリレーに入力電流が流れる
  3. ホーンリレーからホーンへ電流が流れる
  4. ホーンが鳴る

 この流れの逆から突き止めて行こうかと思う。

ホーン本体

 まずは、ホーン本体の故障を疑ってみる。
 というわけでホーン本体の点検をするのだが、E51エルグランドの場合はラジエーターグリルを外さないとホーンに辿りつきません。
 なので、ラジエーターグリルを外します。
 そして、ホーン本体から車両側の端子を外しで、バッテリーから直に接続してみます。
 すると、ちゃんと鳴りました。
 まぁ、ホーン本体自体の故障は単純な構造だと思うので、そう易々と壊れないだろうとは思っていました。
 というわけで、ホーン自体は壊れていないようです。

車両側ホーン端子

 次に車両側ホーン端子に電流が来ているのかを確認してみます。
 まぁ、ホーン自体が壊れていないことが分かった時点で、車両側ホーン端子に電流が来ていないことは明らかなのですが、念のために。
 そこで必要になってくるのが、テスター。
 エーモンの検電テスターデジタルテスターなどを端子に接続し、ホーンボタンを押してもらって電流が流れてくるかを確認します。
 すると、やはり電流は流れてきません。

ヒューズ

 電流が流れていないとすると、上記の3.の間にあるものに疑いが移ります。
 3.の間にあるものといえば、ヒューズです。
 早速ヒューズを確認してみます。

 E51エルグランドの場合、ホーンのヒューズはエンジンルーム内のバッテリー横のフェンダー側にあります。

ホーン/ヒューズボックス

ホーン/ヒューズボックス

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-27 2:58
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 32
  • Shutter speed: 1/24s

この中にホーンのヒューズがあります。

 エーモン工業 ヒューズクリップを使って外してみると…

ホーン/ヒューズ

ホーン/ヒューズ

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-27 6:32
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 20
  • Shutter speed: 1/384s

この低背ヒューズ10A(赤色)が、ホーンのヒューズです。

 切れている様子はなしでした。
 次に疑うべきはホーンリレーとなります。

ホーンリレー

 というわけで、リレーを外してみて車両側リレー端子に電流が来ているのか、通電しているのかを調べたいところですが、如何にもこうにもリレーが外れないので、これ以降の点検作業はディーラーにお任せすることにした。
 お任せしたところ、リレーには問題がないようです。

 ということは、ステアリングのホーンボタンからホーンリレーの間の配線が怪しいということになります。
 そして、ステアリングのホーンボタンからホーンリレーの間にあるのが、スパイラルケーブルという部品だそうです。

スパイラルケーブル

 ディーラーにお任せした結果、スパイラルケーブルの断線とのことで、交換することになりました。
 が、作業自体は、来月の車検時に一緒に交換作業をしてもらうことになりました。
 スパイラルケーブル交換の見積もりが以下の通りです。
ホーン/見積書

ホーン/見積書

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-31 4:51
  • Copyright: Kiyozou
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/160s

合計で¥28,820-です…( ノД`)… 。

 ホーンリレーの故障でしたら、安価に収まったのになぁ〜。
 痛い出費ですが、直さないと車検に通らないので致し方なしかと…

続きを読む

サンワサプライ 低反発リストレスト付きマウスパッド ブルー 、キター!

 今まで使っていたマウスパッドが、古くなりマウスパッドの表面の生地が余り凸状(要するにシワ)となってしまい、マウスの動きを妨げる感じになってしまったので、新調〜♪

サンワサプライ 低反発リストレスト付きマウスパッド ブルー MPD-MU1NBL

サンワサプライ 低反発リストレスト付きマウスパッド ブルー MPD-MU1NBL

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-27 12:01
  • Copyright: Kiyozou
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/100s

今回は至ってノーマルです。

 公式ページによりますと…

特長

  • 低反発ウレタンを使用したリストレスト付きのマウスパッドです。
  • 宇宙工学から生まれた低反発ウレタンフォームが手首の形状を記憶し、重さを均等に分担、ベストバランスでサポートします。
  • 通常のウレタンフォームに比べ、反発弾性が非常に少なく、ゆっくり沈み込んでゆっくり戻る特性があります。
  • 粘性のある触感で、動きに合わせて変形するのでいつも抜群のフィット感が得られ、腕や肩の疲れを低減します。
  • カーソル速度が遅くても広々操作できる大型タイプです。
  • 裏面はデスクとのズレを防止するポリウレタンを使用しています。

仕様

  • カラー:ブルー
  • サイズ:W180×D245×H22mm
  • 重量:206g
  • 材質:表面/ナイロン、ネオプレン
       内部/低反発ウレタンフォーム
       裏面/ポリウレタン
…とのことです。

 とりあえず、末長くお願いします。

続きを読む

メルテック ジャッキアタッチメント サイド専用 、キター!

 この時に失くしてしまった、ジャッキアタッチメント サイド専用/F-26-1がキター。

ジャッキアタッチメント

ジャッキアタッチメント

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-27 12:02
  • Copyright: Kiyozou
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/40s


 今度は無くさないようにしようっと。

続きを読む

スタッドレスからノーマルタイヤへ

 今頃になって、N-BOX/のタイヤをスタッドレスからノーマルタイヤへ。

 そのご、GSによって空気圧調整と洗車。

 洗車の際に、ジャッキアタッチメントをなくしてしまった模様…。

 まぁ、消耗品だし、ま、いっか…。
続きを読む

ブレーキディスクローター、キター!

 次回(6月に予定)、エルグランドHPSの車検時に交換してもらう様に、先行手配したものが到着。

ブレーキディスクローター FP フロント用/FP321 2913S

ブレーキディスクローター FP フロント用/FP321 2913S

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-23 1:20
  • Copyright: Kiyozou
  • Exposure bias: -1EV
  • Flash fired: yes
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/100s

フロント用はFP。Rotor Part No.3212913

ブレーキディスクローター FP フロント用/FP321 2913S

ブレーキディスクローター FP フロント用/FP321 2913S

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-23 1:21
  • Copyright: Kiyozou
  • Exposure bias: -1EV
  • Flash fired: yes
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/125s

箱の中身。

 防錆油が塗布されているので、これ以上は開けてない。

ブレーキディスクローター PD リア用/PD325 2026S

ブレーキディスクローター PD リア用/PD325 2026S

  • Aperture: ƒ/2
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-23 1:22
  • Copyright: Kiyozou
  • Exposure bias: -1EV
  • Flash fired: yes
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/400s

リヤ用はPD。Rotor Part No.3252026

ブレーキディスクローター PD リア用/PD325 2026S

ブレーキディスクローター PD リア用/PD325 2026S

  • Aperture: ƒ/2
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-23 1:23
  • Copyright: Kiyozou
  • Exposure bias: -1EV
  • Flash fired: yes
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/500s

箱の中身。

 さて、なぜブレーディスクローターを交換することにしたかというと、前回スライドドア故障時に見てもらった時に次の2点を指摘された。
 ひとつ目は、リヤのブレーキディスクローターの劣化が進んでいる事。
 ふたつ目は、フロントのブレーキパッドの残量が4mmとの事。

 また、高速道路巡航中や峠道の下でのブレーキング時のジャダーが未だ解消されていない。

 以上のことにより、いっその事ブレーキディスクローターを前後ともに交換してしまおう、どうせならジャダーが出にくいやつにしようとの事で、社外品のブレーキディスクローターを選択したわけです。

 一口にブレーキディスクローターを社外品にと言いましても、E51エルグランド用がラインナップされてないとそもそも選択できないし、価格や性能の折り合いも必要になってきます。

 ブレーキで有名どころと言えば、ブレンボやエンドレス、プロジェクトミューなどがありますが、今回選んだのは、DIXCEL(ディクセル)さん。

 ディクセルのディスクローターですが、ラインナップがあり、スリット入りも選べます。

 まずは、スタンダードなPD type
 性能グラフを見てみると、ノーマル(純正)より上回っているのは、耐食性、耐クラック性、ディスクローター耐摩耗の三つの項目。
 他の項目の制動力、耐ひずみ、パッドの減りにくさ、鳴きの少なさ、耐ジャダー性などは、ノーマルと同等の様です。

 次にPD typeにスリットを入れた、SD type
 性能グラフを見てみると、ノーマルより上回っているのは、制動力、耐食性、耐クラック性、ディスクローター耐摩耗の項目。
 ノーマルと同等なのは、耐ひずみの項目だけ。
 ノーマルより劣るのは、鳴きの少なさ、パッドの減りにくさ、耐ジャダー性の項目。

 本当はもっとありますが、最後にFP type
 PD typeやSD typeとの違いは熱処理を施してあるという事とハイカーボン材を使用しているという事。
 性能グラフを見てみると、ノーマルより上回っているのは、制動力、耐食性、耐ひずみ、耐クラック性、ディスクローター耐摩耗、耐ジャダー性、鳴きの少なさと、パッドの減りにくさの項目以外はノーマルより上となっており、パッドの減りにくさもノーマルと同等となってます。

 以上の検討項目の中から、スリット入りは耐ジャダー性がノーマルと同等なので、ジャダーが出て嫌な僕としては、ちょっとなぁという事で、耐ジャダー性でノーマルを上回る、FP typeをフロントで選択し、リヤはPD typeにしようという事になりました。

 早くインストールして、アタリ付けをして、どんな感じか試してみたいなぁ。

 その前に、自動車税を支払いしなきゃ…。

【参照】
DIXCEL|株式会社ディクセル
ディスクローター|DIXCEL
ディスクローター/PDタイプ|DIXCEL
ディスクローター/SDタイプ|DIXCEL
ディスクローター/FP/FS type (1ピース)|DIXCEL
パッド・ローターのアタリ付け方法について|DIXCEL

続きを読む

雲海→田植え→コソ練

 今日は、自主練付き添い田植えコソ練という様な1日でした。

雲海

雲海

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-16 20:51
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 20
  • Shutter speed: 1/2519s

まずは自主練付き添いで見た雲海。

田植え/作業前

田植え/作業前

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-17 0:00
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 20
  • Shutter speed: 1/3425s

それから田植え。

田植え/作業後

田植え/作業後

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-17 2:22
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 20
  • Shutter speed: 1/2591s

後一回通れば終わりの状態。
 秋に美味しいお米が出来ますように♪

 お昼を食べて、ちょっとお昼寝をしてから、コソ練。

コソ練

コソ練

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-17 6:41
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 20
  • Shutter speed: 1/2740s

いつものおっこと交差点から。
 一応、ぎっくり腰のリハビリライドも兼ねる。

甲斐駒ヶ岳

甲斐駒ヶ岳

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-17 6:41
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 20
  • Shutter speed: 1/3425s

いつの間にやら、雪が降った模様。

八ヶ岳

八ヶ岳

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-17 6:54
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 20
  • Shutter speed: 1/3546s

今日は割と空気が澄んでいた様で、八ヶ岳も綺麗に見えた。

甲斐駒ヶ岳

甲斐駒ヶ岳

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: iPhone 7
  • Taken: 2020-05-17 6:54
  • Flash fired: no
  • Focal length: 3.99mm
  • ISO: 20
  • Shutter speed: 1/3195s

雲さえなければ、このアングルで富士山も映ったはずなのに…。

 といった1日でした。

WordPressにTwitterのツイートを埋め込みたいのだが、埋め込めない人の為に

 WordPressにTwitterのツイートを埋め込みたい時ってありますよね?

 Google先生に尋ねてみると、たくさん出てきます。

Twitter ツイート埋め込み – 日本語サポート

 ところが、の様にURLをコピペしてみても、うまくいかない人がいると思います。

 もしそうなった場合、確認して欲しいことがあります。

続きを読む

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル、キター!

 新しいiMac用に2本追加購入。

 1本目は、前にも買ったことがある、0.3m ブラック。

 2本目は、iMacとiPad用に、0.9m シルバー。

 本当は、1本目の0.3mもシルバーにしたかったが、シルバーはラインナップにない模様。
 カールコードのやつも考えたが、いまいちな製品が多いので保留。
 Ankerでカールコードのライトニングケーブル出してくれないかなぁ?

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/外箱

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/外箱

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:05
  • Copyright: Kiyozou
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/50s

0.3mと0.9mの外箱。

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.3m外箱

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.3m外箱

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:05
  • Copyright: Kiyozou
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/200s

0.3mの外箱。
 流石に薄い(笑)

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.3mブラック

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.3mブラック

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:06
  • Copyright: Kiyozou
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/125s

0.3mブラック本体。
 以前、会社の社有車用と持ち運び用に0.3mブラックを2本購入したのだが、ケーブルをまとめるファスナーみたいなのが、ちょっとアップグレードしてます。
 また、銀色のテープみたいなのは、シリアルナンバー。

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.3mブラック

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.3mブラック

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:08
  • Copyright: Kiyozou
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/40s

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)に繋いである、USBハブに接続してみた。
 ちょっと取り回しが雑だな…。

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.9m外箱

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.9m外箱

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:10
  • Copyright: Kiyozou
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/125s

こちらは0.9mの外箱。
 ちょっとAnker PowerLine+ ライトニングUSBケーブル (0.9m グレー)の外箱より、暑いような…。

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.9mキャリングケース

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.9mキャリングケース

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:12
  • Copyright: Kiyozou
  • Exposure bias: -1EV
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/15s

それもそのはず、キャリングケースがこの大きさ!

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.9mキャリングケースの中身

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/0.9mキャリングケースの中身

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:13
  • Copyright: Kiyozou
  • Exposure bias: -1EV
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/200s

開けてみた。
 なんか、シルバーの色味がちょっと白っぽい気がする…。

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/シルバーとブラックUSB-A側

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル/シルバーとブラックUSB-A側

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:16
  • Copyright: Kiyozou
  • Exposure bias: -1EV
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/40s

iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)に繋いである、USBハブにシルバー(0.9m)とブラック(0.3m)を接続してみた。

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブルとApple純正ライトニングケーブル

Anker PowerLine+ II ライトニングケーブルとApple純正ライトニングケーブル

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:28
  • Copyright: Kiyozou
  • Exposure bias: -1EV
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/250s

上の状態にApple純正ライトニングケーブルを追加で接続してみた。
 こう見ると、Apple純正ライトニングケーブルが華奢に見えるな。

PowerLine+ IIとPowerLine+

PowerLine+ IIとPowerLine+

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:28
  • Copyright: Kiyozou
  • Exposure bias: -1EV
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/30s

左から、PowerLine+(0.9mグレー)、PowerLine+ II(0.9mシルバー)、PowerLine+ II(0.3mブラック)
 こう見ると、PowerLine+からPowerLine+ IIの進化具合が分かりますね。

PowerLine+ IIとPowerLine+/キャリングケース

PowerLine+ IIとPowerLine+/キャリングケース

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:28
  • Copyright: Kiyozou
  • Exposure bias: -1EV
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 200
  • Shutter speed: 1/60s

キャリングケースもこんなに変わってます。
 ですが、持ち運びをするには、PowerLine+の方がコンパクトになるので良いかと思いますが、ケーブルを纏めるのがちょっと面倒かもしれません。

 とはいえ、どうもPowerLine+ IIはPowerLine+ IIIにモデルチェンジしている模様です。
続きを読む

SanDisk microSDHC 32GB SDSQQNR-032G、キター!

 エルグランドに取り付けているドライブレコーダー用に購入。

 このドライブレコーダー、安いだけあってGPSもないしイベント時の自動プロテクトがなかったりするので、新しいのが欲しかったりする…。

 先日、Twitterでつぶやいた通り、今ままで使っていた付属のmicroSDカードを紛失してしまったので、その替りということで…(^^;。


microSD32GB/パッケージ

microSD32GB/パッケージ

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:01
  • Copyright: Kiyozou
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/100s

こんな感じ。

microSD32GB/アダプタと本体

microSD32GB/アダプタと本体

  • Aperture: ƒ/1.8
  • Camera: PENTAX K-5
  • Taken: 2020-05-17 9:03
  • Copyright: Kiyozou
  • Flash fired: no
  • Focal length: 50mm
  • ISO: 80
  • Shutter speed: 1/125s

アダプタも付属してました。
 しかし、この大きさで32GBも保存できるんだから、凄いなぁ。

 この後、ドライブレコーダーに挿入し、フォーマットをしました。

 また、流星(火球)が流れないかなぁ〜。
 そして、録画できてるといいなぁ(笑)。
続きを読む
Copyright©2000-2020 KIYOS LOG.All Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。