iTMS上陸♪

 やったぁ〜!!(* ^^)/・:*:・°’☆[Congratulations]
 Apple eNewsの号外が届き、件名を見て心躍る踊る!
--以下、 Apple eNews号外からの引用です。
■■ 音楽の新しい買い方。音楽の新しい楽しみ方。 ■■

 iTunes Music Storeが、日本の音楽ファンのために待望の日本上陸を果たしました。この新しいミュージックストアはiTunesの中にあるので、24時間いつでもお気に入りの音楽を簡単に見つけて、その場であなたのPCやMacに直接ダウンロードできます*。

iTunes Music Storeには次のような特長があります。

  ・100万曲以上のコレクションから選曲。
  ・無料で試聴してから購入。
  ・1曲の価格は150円から。
  ・無料ダウンロード、毎週水曜日更新。
  ・購入した曲はiPodにオートシンク。
 んで、実際にiTunesを立ち上げミュージックストアを選択し、Choose Storeをクリックすると…Japanがあるじゃないですか!!!
 そして、Japanをクリックすると日本語がでてるよでてるよ!!
 んで、早速、視聴〜♪ん〜感激♪

 わーい、わーい!

 ただ、ちょっと高いかな?アメリカでは1曲99セントに対し150円だからね…。
 でも、まぁよしとしよう!!
 この日を夢見て、iPodを買ったのだから!!

<関連>
CNET Japan::アップルの音楽配信サービスがついに開始--100万曲が1曲150円から

iTMSに関する噂

CNET Japan::エイベックス、アップルのiTMSに楽曲提供で最終合意によりますと、
日本国内でサービス開始予定の「iTunes Music Store(iTMS)」に楽曲を提供することで最終合意したと発表した。
 とのこと(^_^)。
 さらに…
 なお、日本国内におけるiTMSの提供開始時期については、8月に開始するとの報道もあるが、アップルコンピュータ日本法人の広報部では、「年内には開始する予定」と述べるにとどまっている。
 とある(´・ω・`) 。
 さて、どっちが正しいのだろう?
 まぁ、いずれにせよiTMSは開始になるのは確かであろう。

iPod Updater 2005-02-22

 そういや、入院中にiPod Updaterが出ていたらしい…。
 退院してから、ソフトアップデート経由で入れました。そしたら、細かいところが変わっていてちょっとびっくり!Σ( ̄□ ̄;)!
 
詳細は…
■iPod shuffleソフトウェア1.1の追加
→iPod shuffleバッテリーパックのサポート
→ソフトウェア安定性の向上
■iPod miniソフトウェア1.3
→第2世代iPod miniのサポート
→USB経由でのオートシンクおよび充電のサポート(Mac OS X v10.2.8 または 10.3.4 以降)
■iPodソフトウェア2.3 - Dockコネクタ搭載のiPod用
→メインメニューに「曲をシャッフル」項目を追加
→メインメニューに「ミュージック」項目を追加
→iTunes 4.7以降のサポート
■iPodソフトウェア1.5 - クリックホイールまたはスクロールホイール搭載のiPod用
→メインメニューに「曲をシャッフル」項目を追加
→メインメニューに「ミュージック」項目を追加
→iTunes 4.7以降のサポート
 とのことですが、オラはバッテリ残量表示が変わった事に、ちょっと感動♪
<参考>
 アップル- iPod -ダウンロード

iPodを自粛?

 『iPod』を「自粛」できないマイクロソフト社員たちによると、
「携帯型の音楽プレーヤーを所有するマイクロソフト社の従業員のうち、約80%がiPodを持っている。とんでもないことだ」
と、ある上級マネージャーは語ったらしい。
 また、ある社員は
 「これ以上我慢できなかった。iPodのデザインは文句なく素晴らしい。機器の操作性は、これまで私が目にしたどんなものより何光年も先を行っている」
と、ブログに書いたらしい。
 当分の間、iPodに対抗する製品は出てこないんじゃないかな?それとも、模倣してくるかな?
 MSさんちも面白い事が起きてるのね〜。

KENWOODがiPodインターフェースユニットを3月下旬より発売!

 KENWODDPress Releaseによりますと…
株式会社ケンウッド(社長:河原春郎、本社:東京都八王子市)は、当社カーオーディオに接続するだけで、アップルコンピュータのiPodをカーオーディオ側で簡単に操作が可能なiPodインターフェースユニット「KCA-iP500」を3月下旬より発売します。
 とのこと。!Σ( ̄□ ̄;)
 勝手に特徴をまとめると…
★主な特長
1 KCA-iP500との接続で、iPodの機能をカーオーディオ本体側から操作可能
 チェンジャーコントロールバス接続なので当社が過去に販売した製品にも対応
2 iPodの高音質再生を車室内で実現
3 日本語表示に対応
4 接続時の充電に対応
5 置き場所に困らない小型ハイダウェイユニット
 過去に販売した製品というのは、2003年以降に発売されたもので一部対応していない製品もあるという事です。
 とはいえ、新規に購入するのであれば問題ないでしょう。
 ステアリングリモコンで、iPodをコントロールかぁ〜 めちゃくちゃ、欲しくなってきた♪

iPod用ワイヤレスヘッドフォン

 僕が契約しているプロバイダーのLINKCLUBからMailでニュースが配信されるのですが、その中に面白そうな物が!
●ラトック、iPod用ワイヤレスヘッドフォンセットを発表
 ラトックシステムは、iPod用ワイヤレスヘッドフォンセット「iPod用 Wireless Digital Headphone Set」を発表しました。同製品は、iPodで再生中の音楽をワイヤレスヘッドフォンで聞くことができるようにするワイヤレスヘッドセットで、特別な設定を必要としない点などが特長です。希望小売価格は28,000円です。
・ラトックシステム、ニュースリリース
だそうです。
 まず、上記リンクページに言ってみて最初の感想は…
『でか!』
 送信機にあたる部分がiPod位の大きさがある。 これじゃ、鞄に入れてヘッドフォンで聞くような状況ならいいかもしれないけど、スキーしながらというのはあり得ないなぁ〜と思う。でもまぁ、そのうちもっと小さくなるとは思う…。そうなるまでは、まだ買えないなぁ〜。てか、値段もけっこうしますしね…。

iPod Photo


 え〜、こちら[karensan]こちら[CNET Japan]によりますと、 カラーLCD付きのiPodが発売になったらしいです。そして、U2 iPod[iPod Special Edition]と、iPodを持ち歩く為の「カラーソックス」←
 そして、CNET Japanの記事を読んでいくと…
 Apple最高経営責任者(CEO)のSteve Jobsは、同社が今回も世間の予想に反し、ビデオ再生機能は追加しなかったと述べた。
 「iPodに入れるビデオコンテンツなど誰も持っていないし、たとえ持っていたとしても、スクリーンが小さすぎてよく見えない」とJobsは述べ、iPodはビデオには「相応しくない場所」だと付け加えた。
 と、あるがビデオ再生機能が追加になれば、TVチューナーなんぞが出てiPodが携帯テレビ代わりになるんじゃないだろうか?てか、TVチューナー内蔵にしちゃえ! というより、そうなるまでは買わないぞ!すでに、第3世代の30GBモデルがあるしね… けど、音楽再生だけなら最長15時間か…、シンガポール航空でNZ行くとなると、ちょっと辛いかな?ちょっと、魅力を感じる… けど、買わない…というより、買えない!
 「カラーソックス」…まだ、Apple Store (Japan)には登場しておりませんが、$29というと¥3,000-前後かな?びみょ〜だね…。内側に滑り止め加工でもしてあれば良いけど、なんかスポ!って滑って飛び出ちゃいそう…だし…だけど…Appleタグがなんか物欲をそそるなぁ〜 けど、買わない!…予定…
<追記>
 カラーになったは良いが、バックライトの明るさを調整出来るのだろうか?
 車載で使うのに、明るすぎるバックライトは見にくいと言うか危険だからなぁ〜。
 どうなんだろう?ということで、明るさが調整出来て、TVチューナーが内蔵にならないと買わない!(強がり…)
 iPod Photo
 iPod U2 Special Edition
Copyright©2000-2021 KIYOS LOG.All Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。