モーグルとコブ

 まったくもってひとりごとで愚痴の範疇なのだが、ひとりごとにカテゴライズするのもどうかと思うので、MOGUL(SKI)にカテゴライズ(爆)。

 最近『モーグル=競技(モーグル競技)』という考え方がまかり通っている感じがする。しかし、モーグルとは英語で『コブ』の事なので、モーグルコースはコブコースであり、エア台は別に必要ないはず。2つ無ければいけないのは、競技モーグルのコースである。そりゃ、2つあった方が良いのだろうが、エア台飛んでちょっとコブ滑ったらまたエア台で、果たして練習になるのだろうか?
 ここ最近、某スキー場では○●コースで大会を行っているが、大会時にはスタート台もジャッジ台もピステンで雪を盛ってもらい、最大限コース長を取らせてもらってようやく1ライン2エアを実現しているという事実があるのを理解している人がどれくらい居るのだろう?現コースのエア第位置は、ピステンで雪を盛られて決められた位置である事を知っている人がどれくらい居るだろう?
 言い訳かもしれないが、思いどおりに作らせてもらえない事がよくある某スキー場なので、僕の力じゃどうにもならない。
 僕は○●コースでなくて、●○コースにモーグルコースを作りたい。なぜなら、コース長も取りやすいし斜度が○●に比べて緩いから。そして何より、●○のモーグルコースが好きだったから。
 もし、某スキー場にお客様からモーグルコースは●○に作って欲しいという声が届いていたのなら、作らせてもらえたかもしれない。
 しかし、それを誘導してその事実がしれたら、自分の首を絞める事に繋がるので、誘導はしませんよ。
 某スキー場はお客様がコース作成を申し出れば、ほとんど許可してもらえるお客様にとって優しいスキー場なので、作らせてもらったら良いのにね…。
 なんか、思いっきり愚痴になっちゃいましたね。しかも、頑張れ!って、僕ら、相当頑張ってんだけどな…。手盛りでテーブルを作ったりしてるのに…。
 んで、こういうこと言う人に限って、コース整備にご協力頂けないんだよね。まるで、投票に行かないのに政治に文句を行っている人みたいに…。
 しかも、勝ち負けでコース作っているわけじゃないんだけどね…。
 
 

コメント

*




Copyright©2000-2019 KIYOS LOG.All Rights Reserved.