2006日本GP 予選

 鈴鹿での予選が終わりました。

 フェラーリがフロントロー独占。
 でも、ポールはマッサ。
 ミハシューは2位。

 そして、2列目に来たのはトヨタ
 3位にラルフ、4位にトゥルーリ。

 ルノーは3列目で5位にアロンソ、6位にフィジケラ。

 4列目にホンダが来て、バトン、バリチェロの順。

 9位にBMWザウバーのハイドフェルド、10位にウィリアムズのロズベルグ…。

 あれ?ライコネンは?というと…、
 まさかまさかの、R2でノックダウンです…(>_<)。11位。

 まぁ、燃料搭載量を変更出来るから、作戦の幅は広がったかも知れないが、今年のマシンは重い状態でのパフォーマンスが昨年に較べて良くはないので、微妙なところ…。

 気になる明日の天気は、ピンポイント天気(鈴鹿サーキット(鈴鹿市)) - ウェザーニュースによると、晴れ

 ミハシューVSアロンソのタイトル争いに俄然注目が集まりますが、個人的にはライコネンに勝って意地を見せて欲しいところ(^_^)。

【余談】

 民放の宿命だとは思うけど、せっかくの生中継なんだから、セッション中はCMを入れないで欲しい。
 特別ブースも要らんでしょo(`ω´*)o?
 応援サポーターズも要らないと思うのだがな…。
 まぁ、一般の人たちに受けるようにいろんな事しなきゃいけないのはわかるけど…。
 ちょっとね、納得いかんなぁ。

【追記】

 以下、予選結果です。

1位 F.マッサ(フェラーリ)
2位 M.シューマッハー(フェラーリ)
3位 R.シューマッハー(トヨタ)
4位 J.トゥルーリ(トヨタ)
5位 F.アロンソ(ルノー)
6位 G.フィジケラ(ルノー)
7位 J.バトン(ホンダ)
8位 R.バリチェロ(ホンダ)
9位 N.ハイドフェルド(BMWザウバー)
10位 N.ロズベルグ(ウイリアムズ)
11位 K.ライコネン(マクラーレン)
12位 R.クビカ(BMWザウバー)
13位 P.デ・ラ・ロサ(マクラーレン)
14位 M.ウェーバー(ウイリアムズ)
15位 V.リウッツィ(トロロッソ)
16位 C.アルバース(スパイカーMF1)
17位 D.クルサード(レッドブル)
18位 R.ドーンボス(レッドブル)
19位 S.スピード(トロロッソ)
20位 佐藤琢磨(スーパーアグリ)
21位 T.モンテイロ(スパイカーMF1)
22位 山本左近(スーパーアグリ)

コメント

*




Copyright©2000-2020 KIYOS LOG.All Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。